元アイドルが「私のせいで障害のある子に…」と告白 同時期に活躍の西田ひかる涙

#元アイドルが「私のせいで障害のある子に…」と告白 同時期に活躍の西田ひかる涙
拡大写真 西田ひかる   11日に放送されたTBS系「爆報THEフライデー」(金曜・後7時)に、1990年代のアイドル・グループ「パンプキン」のメンバーだった小川真澄さん(44)がVTR出演。スタジオには同時期に活躍したタレント・西田ひかる(46)が登場した。  93年にグループが解散してから、2度の離婚を経験した小川さん。そんな小川さんが17歳の次女について「私が障害のある子にしてしまった」と告白した。次女が生後6か月のとき、夜中に39度を超す高熱に。翌日、近くの診療所を訪れ風邪との診察を受けるが、容体は悪化。「明日の朝またみてもらえばいい」と、翌日に再度診察を受けたところ、なんと「髄膜炎」と診断され緊急入院となった。  命はとしとめたものの、それから5年後、次女は「髄膜炎の後遺症による中度の知的障害」と診断されたという。小川さんは「もっと早く何かしてあげていたら、多分障害は残っていない。悔やんでも悔やみきれない」と涙を流した。
https://www.youtube.com/channel/UC1NTVTsNbOJPISnA__0yLCA?sub_confirmation=1

あわせて読みたい